◆Blog

~ スミドラのひとり言 



◆耳の温灸とお知らせ

もう7月も終わりに近づき、今更ですが、今回もフリーマガジンfd「温灸」を掲載しています。

 

暑い季節なので驚かれるかもしれませんが、夏でも、温灸はオススメです。

 

現代の夏は外は熱いけど、中(建物や乗り物)は冷たいからです。

 

 

暑い外から、冷房の効いた中に入ると気持ち良いのですが、体は暑さをしのぐため、汗をかきやすいように皮膚が開いている状態です。

 

そこから冷気が入り込むため、体が冷えやすい。

また飲食物も冷えたものや冷たいものが多いので、内臓が冷えやすい。

 

自分では冷えていないように感じていても、体は自然と冷えてしまっているのが現代の夏です。

 

冷えると、当然、血液の巡りが悪くなります。だから、夏なのに首や肩、背中などが凝り固まりやすいのです。頭痛も同じく…。

 

当店の温灸は、冷房の効いた中でも、耳に当てるだけで体全体がほっこりと温まります。

温灸体験される方のほぼ全員が温まると、眠くなります。

そう、それだけ冷え冷えになって、リラックスできなくなっているんです…

 

今年の夏は、災害レベルと言われるくらいの猛暑が続き、就寝の冷房が欠かせません。

ですが、冷えた状態で寝るので、朝の目覚めがシャキッとしません。

普通に寝ている以上に、冷房で血液の巡りが悪くなっているからです。

 

温灸の一番オススメする時間帯は、朝、目覚めた時と、夜、寝る前です。

朝は、巡りを促すことで目覚めを良くし、体をシャキッと整えやすく、

夜は、日中のガンバリモードからリラックスモードに切り替れるように整えてくれます。

 

ぜひ、夏の温灸も続けてください。

まだの方は、ぜひ夏の温灸体験にお越しください。

お待ちしています(*^▽^*)

ここからお知らせ(^^♪

 

素敵なご縁をいただきました「なつめ やさしい薬膳ごはん」の岩本さゆりさんのコラボ薬膳セミナー第2弾が7月27日(金)に開催されます!

 

ツボとお灸の体験セミナー

&なつめちゃんの薬膳ランチ

 

Ohanaはり灸院

なつめ やさしい薬膳ごはん

 

前回はFacebookのみのお知らせで、ブログの方でお伝えできず( ;∀;)

 

「なつめ やさしい薬膳ごはん」の岩本さゆりさんは、ご自身、そして家族の病気を経て、より日頃の食の大切さを薬膳料理を通してお伝えしてきた人です。

 

大病をされたとは思えない、とても温かく素敵な笑顔で溢れている人です(^^♪

大病されたからこそかも、しれませんね。

 

お会いするたびに、私も励まされ、元気を分けていただきました!

 

まだ数名、ご参加いただけるとのこと!

気になる方は、ぜひこの機会にご参加下さいね(^^♪

 


◆春から夏の気になる症状と悩み

 

気がつけば5月も終わりに近づき…

また一から気を取り直してボチボチと
更新していこうと思います。

今のリハビリ介護生活も地に足がついた

感じになってきたので、少しずつ日曜日の研修に参加し始めているところです。

研修会もブログも上手く続けば良いですが…

 

今から心配(-_-;)

体力と集中力に自信が無いので…(-"-;A ...アセアセ


5月13日は新大阪で「春から夏の気候と体の不調」についての研修会に参加しました。

春は気温上昇の季節です。
ちょうど低い気温から高い気温に切り換る季節の変わり目で、
その影響で私たちの心身のバランスも左右されます。

病気と言うほどではないけど、なんだか調子が上がらない…


良くも悪くも、その気候や季節に合わせることができるので、
今年のような気温の寒暖差や気候の不安定さに体調が振り回され気味に
なってしまうのも無理からぬこと…


快適に過ごす術なのに、何とも言えませんね('◇')ゞ

 

さて春から夏にかけて気になる症状は…

 

●むくみ

●ダイエット

●(夏の)冷え

 

ダイエットは、気になる症状と異なりますが、薄着になる季節に合わせて相談が増える、

また代謝(脂肪燃焼)に関わりがあるので、今回の研修内容に入っていました。

 

 

「むくみ」と一言に言っても、原因は様々。

肝臓由来・腎臓由来・心臓由来とあり、むくみの現れ方でどこに起因しているか予測ができ、

改善の方法がそれぞれ違うこと。

 

「ダイエット」と言えば、一般論として汗をかきやすいので夏が向いている!

と思われがちですが、実は3月~5月の期間が最適なんだそう(@ ̄□ ̄@;)!!

せっかくの情報ですが、残念ながら5月ももう終わりですね…

 

1年の中で最も代謝が活発になる時期になるので、脂肪燃焼しやすい=やせ易いそうです。

漢方でも、春は夏の暑さに耐えられる体に整えるため、冬に溜め込んでいた脂肪や糖分、

塩分などの排泄が高まると伝えています。

 

今回の研修会の話しを聞いて納得!

と同時に、漢方の季節の過ごし方を知っていたのに、上手くつながっていないとは

こういうことなんだと、こちらも納得しました(;´∀`)

 

またこの時期、代謝に深く関わる「甲状腺」が活発化するので、

甲状腺にトラブルがある方は、この時期とくにしんどくなりやすいのでは…

という印象を受けました。

 

現代病と言っても過言ではない「冷え」。

暑い夏でも冷え性で悩んでいる方は、本当に多いですね。ちなみに私も…(-_-;)

 

夏は発汗力を促すため、血液が体の表面に

集まります。

なので、体の中=内臓は冷えている

状態になります。

 

夏になると、涼しさを求めて冷たいものを口に入れやすくなりますが、

内臓が冷えている状態に冷たいものを入れるとどうなるか…想像がつきますよね!

夏の「冷え」は内臓、とくに胃腸の冷えからきているということになります。

 

冷たいデザートやジュースなど、本当おいしい季節ですが、ほどほどに楽しまないと

せっかくの夏を楽しめません。

 

それに加えて、胃腸は自律神経とも深い関わりのある臓器です。

胃腸の活発度がそのまま自律神経のバランス、免疫のバランスに反映します。

 

元気に毎日を過ごすためにも、上手く冷房や冷たいものとお付き合いください(*^▽^*)

 

 

冷たいものに気をつけるのも大切ですが、

暑くなっても適度な運動は大事です。

 

冷えやすいということは、熱産生が上手く行えていないということです。

 

筋肉を使わないと、熱産生ができる内臓、肝臓や心臓などの負担が大きくなります。

 

その結果、疲れなどの様々な不調を招いてしまう…むくみの症状も然りですね。

 

適度な運動することで、代謝も促し(やせ易くなる、冷えの改善)、血液循環も良くなり

(むくみや冷えの改善)、体調も整いやすくなります。

 

そろそろ冷房を活用する時期です。

簡単な「涼」に頼り過ぎないようにしましょう。

 

店頭でも、研修会で学んだことを上手くお伝えできればと思います(*´ω`)

そのためにも「まとめ」ないといけないのですが…

「今でしょ!」と言えない自分がここにいます(-_-;)(-_-;)


◆フリーマガジン「fd」2018年2月3月号

冬季オリンピックの興奮が寒さを和らげたのでしょうか…暦が2月から3月に変わった途端、暖かさが増しましたね。

いつもありがとうございます。

 

一月過ぎてしまいましたが、フリーマガジン「fd」2月3月号、絶賛発刊中です。

残り少なくなっていますが、店頭に置いておりますので、お近くをお通りの際は、ぜひお手元にお取り寄せください。

 

前号に引き続き、今号も「温灸」をテーマに掲載しております。

春先になると、寒暖差が大きくなります。また年度替わりの時期でもあるので、どうしても外的ストレスが強くなるのが春という季節です。

 

加えて気候も上昇するので、飛散物も増えます。花粉や黄砂、ほこり、PM2.5…などなど。これらが刺激となって花粉症や肌トラブルなどのアレルギーも増えますので、内的ストレスも強くなります。

 

ストレスを日本語にすると「緊張」になります。

強すぎる緊張は、体も心も強張らせて全体が上手く巡らなくなります。

 

心だと「プチ鬱」っぽくなり、体だと「冷え」や「免疫力の低下」につながることも…

 

何事もバランスが大事です。

 

全身のツボが集約されている耳に温灸を当てると、あっという間に全身の血行が良くなり、体全体がホカホカと温まります。

 

ただ耳にそっと当てるだけで良いので、簡単に体のメンテナンスができます。

 

とくに寝る前に温灸をすると、程よいリラックスと温かさを心身に与えてくれるので、質の良い眠りを促してくれます。

 

質の良い眠りも、日々を元気に過ごすための大事な習慣です。

よかったら、温灸で日頃がんばっている心身を癒してくださいませ。

 

今回も「温灸体験500円」を実施中です。一度、試してみたい!!!方、

ご予約お待ちしております(^^♪

 

TEL:078-843-0384

メールでのお問い合わせ⇒メールフォーム


健康はしあわせ スミヨシドラッグ

■〒658-0051

神戸市東灘区住吉本町1-7-2 石橋ビル1F  ⇒アクセスはこちら

■TEL&FAX:078-843-0384

メールフォーム

■営業時間:10時~18時

■定休日:毎週日曜日・月曜日・祝日